体外授精 確率

∫体外授精(体外受精)の確率001

体外授精の確率について記しています

∝メニュー

不妊治療である体外受精はあきらめずに行うこ


不妊治療である体外受精はあきらめずに行うことが大切

結婚後定期的に夫婦生活を行っているカップルの半数は、一年以内に妊娠しています。

しかし、定期的に排卵日前後を狙って夫婦生活を行っているにもかかわらず、何年も妊娠できないという場合があります。

それで、赤ちゃんを待ち望んでいる夫婦はできるだけ早めに産婦人科を受診して、身体を見てもらう必要があります。

なぜなら年齢が行くにつれて卵子は老化して行きますし、身体もどんどん衰えて妊娠しにくくなりますので、できるだけ早めに産婦人科に行って妊娠できない原因を突き止めましょう。

妊娠できない原因はいろいろありますが、例えば両方の卵管に異常がみられる、という場合や女性の側は健康だけども、夫の精子に異常がみられる無精子症候群という場合があります。

そういう時に不妊治療の一環として体外受精という方法があります。

方法としては、まずは、女性にホルモン剤を投与します、その後女性の卵巣から卵子を取り出します。

そして次に男性から取り出した精子と卵子を体外で受精させて受精卵を作ります。

最後に受精した卵子を子宮内に戻すという方法です。

体外受精を行っている病院は、たくさんありますが、その際に大切なことは、いかに質の良い卵子を育て、いかによい胚を育てるかが重要です。

最後に、それを環境の良い子宮に移植することが重要です。

治療はほとんど痛みを伴いませんので、どなたでも安心して治療を行うことができます。

体外受精の説明や仕組みは、とても難しいものですので分からないことは、遠慮せずに先生に聞きましょう。

しかし、体外受精を行ったからといってすぐに妊娠できるとは限りません。

2回、3回、4回と行ってようやく妊娠出来た。

という人もたくさんいますし、なかには10回以上も行った人もいます。

それで、1回か2回で妊娠できなかったからといって不妊治療をあきらめないことが大切です。

しかし、体外受精を行うにはかなりの金額が必要です。

大学病院ですと10万円ほどですが、都心で不妊治療で有名な病院ですと、70万円以上かかるところもあります。

それで、夫婦でいつまで不妊治療を続けるか、といったことを良く話し合いましょう。

夫婦でよく話し合っていないなら、ずっと続けていても妊娠ない場合、お互いイライラしてしまうことがあります。

しかし、不妊治療は夫婦の協力なくしては絶対に成功しません。

それで、自分の思いを大切にしつつも、夫の意見や気持ちを尊重するようにすることも大切でしょう。



体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、

- ランダム格言 -


∝メニュー


クリックで先頭へ
© 2015 体外授精(体外受精)の確率001 All Rights Reserved.